稽留流産後になかなか妊娠しない方へ!

MENU

妊娠中期からの妊婦におすすめの葉酸サプリ!

葉酸は妊娠初期には積極的に摂るべき栄養素のひとつとして有名です。妊娠初期は胎児の細胞分裂が活発化し、大切な器官がたくさん形成される重要な時期です。

 

葉酸には細胞分裂を正常に行うために必要な栄養なので、先天性の異常を持って赤ちゃんがうまれてくるのを避けるためにも、積極的に摂取しなければなりません。それでは妊娠中期以降はどうなのでしょうか。妊娠中期以降も葉酸は積極的に摂る必要があります。

 

その理由のひとつに貧血の予防があげられます。妊娠中、特に妊娠中期以降は血液を通じて赤ちゃんに酸素や栄養を送り届けるので、貧血の症状があらわれやすくなります。貧血の予防には葉酸が欠かせないのです。

 

妊娠中の女性は、通常の女性と比べ、倍以上の葉酸を摂取する必要があります。しかし葉酸は水に溶けやすく、熱にも弱いという性質を持っているため、必要な葉酸をすべて食事から摂るのは難しいといえます。そこで足りない分を補う目的として葉酸サプリの摂取がすすめられています。たくさんの葉酸サプリがありますが、その中でもおすすめはベルタ葉酸サプリです。

 

ベルタ葉酸サプリは現役のママが商品開発をしたサプリメントです。妊娠中は葉酸だけでなく骨の形成のためにカルシウムを摂取したり、貧血予防に鉄分を摂取したりと状況に応じてたくさんの栄養素が必要になります。このベルタ葉酸サプリには、葉酸だけでなく母体に必要な栄養素がほとんど配合されているので、あれこれ神経質になる必要がありません。さらに無添加、無香料なので安心して摂取することができるのです。

 

妊娠中の貧血予防におすすめの葉酸サプリ!

妊娠中に葉酸サプリを飲む方は多くいらっしゃるでしょう。葉酸サプリは、妊娠前や妊娠初期に飲むことを推奨されており、産婦人科でもお勧めしているくらいです。
しかし、葉酸が入っているサプリメントは沢山販売されており、妊娠中のママはどれを選んだら良いのか解らないと感じることでしょう。出来れば貧血予防の為の、鉄分が含まれているサプリメントが良いのですが、全ての種類に鉄分が含まれている訳ではありませんので迷ってしまいます。

 

そんな時にお勧めなのが、ベルタ葉酸サプリです。こちらには、妊娠中に必要な栄養素がたっぷり含まれており、貧血予防の為の鉄分もしっかり含まれています。
妊娠中は、ママの身体の栄養分が赤ちゃんへ渡っていくために、ママの鉄分も不足気味になってしまします。鉄分が不足すると貧血気味になったり、妊娠中毒症になったりと、身体に良くないことが起こってしまうのです。

 

それを回避するためには、なるべく食事やサプリメントから鉄分を身体に取り込まなくてはいけません。実際に産婦人科で、妊娠中の栄養の取り方について指導がありますが、鉄分についてはしっかり取るように言われるはずです。

 

ベルタ葉酸サプリは、女性が不足しやすい栄養分をバランスよく配合し、天然型酵母葉酸100%ですので、一般的な葉酸より栄養価の高いものとなっております。更に、栄養分の吸収率も一般的な葉酸サプリの約2倍と驚きの数字を実現しています。

 

実際にモンドコレクション金賞を受賞している、信頼できるサプリメントであることが解ります。
貧血予防だけではなく、女性の身体の為になる栄養分を取ることが出来るとは、驚きです。気になる方は、是非一度お試しください。

 

葉酸サプリにはつわり改善効果もあるの?

赤ちゃんを授かるのはこの上ない喜びや幸せです。しかし、赤ちゃんを授かることはうれしい反面つわり症状で苦しんでいる妊婦さんはとても多くいます。つわり症状はその人によって異なりますが、おもな症状としては吐き気、嘔吐、眠気、だるさ、むくみ、下痢、イライラ、といった症状です。

 

つわりは妊娠することによって胎児の成長にかかわる女性ホルモンである「プロゲストロン」という物質の分泌が盛んになることによって起こります。では、妊娠中に摂取することで人気の葉酸サプリメントはつわり改善に役立つのでしょうか?はい、役立ちます。

 

そのためにはつわり改善効果が期待できる葉酸サプリメントを選ぶ必要があります。つわり改善には、ビタミンB12が必要ですが、ビタミンB12は妊娠により乱れていた交感神経と副交感神経のバランスをよくする働きがあります。また、自律神経を整える役割もあります。

 

さらに、葉酸サプリメントと一緒にビタミンB6を摂るならより一層つわり改善効果が期待できます。ぜひ一緒にとりましょう。しかし、葉酸サプリメントやビタミンサプリメントがつわり改善に役立つとはいえ、気を付けることもあります。それは過剰摂取です。いくらつわりが苦しいからと言っても、たくさん摂取するのは大変危険です。

 

決められた量を必ず守るようにしましょう。また、葉酸サプリメントを服用するときには、必ずかかりつけの産婦人科の医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

妊娠中期に葉酸サプリは摂らない方が良い!?

妊娠初期に葉酸サプリメントを適度に摂取することにより、神経管閉塞障害や先天性障害を防ぐ助けになります。厚生労働省では、妊娠の一カ月以上前から妊娠三ヶ月の間に食事のほかに葉酸サプリメントを摂ることをことが望ましいと発表しています。

 

では、妊娠中期にはとらないほうが良いのでしょうか?いいえ、妊娠中でも摂取するのは大切です。その理由としては妊娠中期には貧血症状を訴える妊婦が多いからです。妊娠中期になるとおなかのなかで胎児がどんどん成長していきます。胎児は母体から酸素と栄養を取って成長していきます。
そのため母体は貧血になってしまうのです。貧血になると、ふらつきや息切れだるさ、さらには、動脈硬化を起こしやすくなります。動脈硬化を起こすなら妊娠高血圧を起こしてしまう危険もあります。それで「たかが貧血」と貧血を甘く見ないようにしましょう。貧血予防には、レバーやカボチャやニンジンやホウレン草といった緑黄色野菜などがとても効果的です。しかし、それでも食事だけでは貧血を防ぐ十分な量をとることが出来ません。

 

そこで、葉酸サプリメントが母体に不足しがちな栄養を補ってくれるのです。ですから、妊娠中期でもぜひ葉酸サプリメントを摂取しましょう。しかし、いくら妊娠中期にはサプリメントが大切だからと言って過剰摂取は避けるようにしましょう。過剰摂取するなら発疹やかゆみなどの呼吸障害を起こしてしまいます。ぜひ気を付けましょう。

 

妊娠中期から葉酸サプリを飲み始めても遅い!?

妊娠を望んでいる女性であれば葉酸サプリメントは誰もが知っているサプリメントです。妊娠しやすい体つくりを助けます。そして、無事に赤ちゃんを授かった妊娠初期には葉酸サプリメントを飲むことによって、胎児の神経管閉塞障害のリスクを減らしたり先天性異常を防ぐ助けをします。

 

それでぜひ葉酸サプリメントを摂取したいものです。では、妊娠中期から葉酸サプリメントを飲むのでは遅いのでしょうか?いいえ、妊娠中期からでも飲む必要はあります。理由としては妊娠は全期間を通して様々な身体の変化やトラブルを生じます。

 

例えば、その一つが貧血です。妊娠中期には赤ちゃんがどんどん形成されていきます。妊娠中は血液を通じておなかの中の赤ちゃんに酸素や栄養をおくっていますので、妊婦は貧血になりやすいのです。貧血を予防するためにレバーやホウレン草などの食事は必要ですが、食事だけではなかなか摂取できません。

 

それで、貧血を予防するためにも葉酸サプリメントを飲むのは大切です。妊娠初期の葉酸サプリメントはおなかの中の赤ちゃんの発育のために、そして妊娠中期はお母さんの身体のために必要と言えます。

 

それで、妊娠初期に葉酸サプリメントを飲んでいなかった人は、妊娠中期に飲み始めるのは遅い。と思うのではなく妊娠中期に入ってからでも構いませんので飲むようにしましょう。しかし、服用する際にはかかりつけの産婦人科の医師に相談してから服用するようにしましょう。